第4回国際ユニヴァーサルデザイン会議2012 in 福岡で発表。

はじめての国際会議でしたが、なんとか無事終わりました。

すごいなと思ったのは、英語、日本語の同時通訳がされていたこと。さすがユニバーサルデザインの会議ですね。

私は、セッション7,「医療と健康」で「白内障患者における錠剤識別性を高める背景色の確立と服薬安全安心に資するカラーUDへの展開」で

お話しさせていただき、服薬トレー「掌」も紹介しました。

発表後、さまざまな方々との有意義な出会いがありました。以前からお会いしたかった特定非営利活動法人こどもとくすりの薬剤師の方たちともお会いし、情報交換できたことなど、とても嬉しく思いました。本当に福岡に来てよかったです。これからも、同じような志を持つ薬剤師や医療関係の方々とユニバーサルデザインのテーマのもと、お会いできたら幸いです!