記憶と記録に残す Myお薬アルバムづくり 始動です

日頃はお世話になっております。

この度、兵庫医療大学✕LLCオフィスカラムが主催し、神戸発防災・減災等プログラム事業として、 記憶と記録に残す「Myお薬アルバム」づくり を開催することになりました。

 

東日本大震災のときに、避難所で、自分のお薬の名前や特徴が伝えられない患者さんが大勢おられました。被災したとき、服用されている大切なお薬を確保する1つの取り組みとして、日常からお薬を記憶し、記録し、お薬情報を医療スタッフに伝えられるように備えることが大切です。そこでお薬を写真に撮る、それも、デザイン都市神戸にふさわしく、何か楽しい、おしゃれな、デザインの要素も取り入れて 写真に撮って残すことを企画いたしました。

誰もが参加しやすいイベントとして、フォトコンテストや、ワークショップ、そして、被災地で活躍された薬剤師の先生の講演という3本立ての構成となっています。

来年、阪神淡路大震災から20年を期す年を迎えるにあたり、皆さま方のご家族、お友達、お知り合い、学生さん、お客様などにご案内いただき、どんどん参加していただいて、この輪を広げていただけましたら幸いです


なお、のプログラムは、神戸新聞社さま、神戸市薬剤師会さまに後援いただき、神戸市さまに協力いただいております。